御挨拶

このサイトは美白や、エイジングなど女性が美しくなるための統計を取っているサイトです。ぜひ参考にしてくださいね^^
今まで一番効果を感じたコスメは、ドモホルンリンクルです。 こちらの体験談がともて参考になりました。

↓↓↓

ドモホルンリンクル体験談>



君島十和子さんの華麗なる美容法まとめ

いくつになっても美しい君島十和子さん。あんなに美しくなれたらなぁ〜と羨ましくなってしまいます。でも努力することで少しでも君島十和子さんに近づくことが出来ます。君島十和子さん一生懸命努力しています。そんな美の秘訣をまとめてみました。みんなでキレイになりましょうね(n*´ω`*n)

君島十和子さん美の秘訣は、この3つが大事なポイントになります。
・徹底した紫外線対策
・徹底した保湿
・食べるものや、生活、内側からも整える

それでは!細かく見ていきましょう(`・ω・´)

≪生活≫
・徹底して紫外線を予防する
・半身浴
・毎晩ラジオ体操&ストレッチ
・ストレス解消法は、熱いお風呂に入って汗をたっぷりとかく
・首のケアは、とにかく紫外線対策、そして寝るときは枕を使わず、タオルをくるくると巻いたものを首に当てて寝る
・年に一度人間ドックで詳しく検査をする
・湯船に浸かりながらリンパ・マッサージをしたり、仕事の合間に耳をもんだりする
・一日おきにウォーキングをやって腸を活性化する
・車の運転中、ドライヤーをかけながらでもマスクをつける
・家事をするときには、手荒れ防止のために必ずゴム手袋をする、最初に甘皮にオイルを馴染ませ、ハンド用美白エッセンスを塗って使い捨ての手袋をしてから、厚手の手袋を付ける
・空気清浄機と加湿器を置いていいる

≪美容法≫
・化粧水はスプレー。肌に余計な圧力や負担をかけないため。
・月に一回、青山のラ・フラームというエステに通っている
・とにかく保湿!日中も乾燥を感じたらこまめにつける
・月に2度超高濃度ビタミンC点滴。ビタミンCを処方してもらっている
・40代以降のシミ予防には、保湿と肌をこすらないことがポイントになり、肌を動かさないのは鉄則
・頭皮マッサージで顔の皮膚をあげる
・夜はしっかりと汚れを落とすことをメインにする
・スペシャルケアは朝、シートマスクやコットンパックなどは起きてから
・乾燥を防ぐためにミルフィーユ付けをする、スプレー化粧水の後クリームを塗り、しばらくして再度同じプロセスを行なう

≪食事≫
・食事中は脂肪の吸収を抑えてくれるプアール茶を飲む
・食べすぎたときは、14時間してから白湯を飲んで胃腸を休ませる
・冷たいものは飲まない
・40代を過ぎてから食べないダイエットは禁止
・タンパク質メインで、炭水化物は昼間食べ、夜は食べない
・間食はナッツ。1日10粒まで
・亜麻仁油をひとさじ飲む(抗酸化ケア)
・なんでもきなこをかけて食べる(オリゴ糖が豊富)
・バルサミコ酢を使う
・朝食は、菌の違うヨーグルトに黒ゴマきな粉をかけ腸内環境を整える
・朝はプロテイン、ファイバー、ごま、大麦の粉を混ぜたものを飲むことも
・しょうが、りんご、人参、レモンの、抗酸化ジュースを作って飲む
・納豆を毎日食べる
・メロディアン水素たっぷりのおいしい水を飲んでいる
・サプリメントはビタミンCやトラネキサム酸を摂取
・「FTC 飲む美容液 PURIMIUM」を一日2本飲む
 

あなたの一番効果があった美白コスメは?

sさん32歳
一番効果があったかはわかりませんが、長年吸っていたたばこをやめたあとは、血色がよくなり唇のいろも明るくなったり、肌も毛穴が目立ちにくくなったりしました。それにより、お肌全体もトーンがあがったように思いました。健康を害するだけでなく、お肌にも悪影響だったのだなと改めて感じました。また、くちびるの色がくすむと顔全体の色もくすんでみえるので、体調の悪い日などは美白のためもありますが、血色のよくみえるようなメイクにするなど日によってスキンケアやメイクを変えています。

Hさん26歳
スクラブ入りのジェルで、皮膚のお掃除をしたあと丁寧に洗顔をするだけでも美白効果が感じられました。いつも通りのスキンケアにプラスして、水分たっぷりのフェイスパックをするのも良かった気がします。頻繁には行わないので、時々やると効果を感じやすいのかもしれません。食事面ではやはり、食物繊維とビタミンが豊富な野菜や果物を続けて食べると効果があるなと感じます。私はサプリなどではなく、ナマの食品で食物繊維とビタミンの摂取を心がけています。

Aさん45歳
毎日のスキンケアに「プラセンタ美容原液」を取り入れてから、シミが薄くなり、肌も美白化していたように思います。コマーシャルでよくやっていて、72歳の高齢の女性の方かわいらしくきれいなはりのあるお肌に変身しているコマーシャルをみて購入しました。4000円くらいするので高いような気もしますが、いままで使用していたものより効果があると思っています。昔、額に傷ができた際にエステローダーの青いボトルの美容液を毎日スキンケアに取り入れていたら、傷がほとんどお目立たなくなりました。もう売っていないことが残念です。


美白もせず、肌が黒い人や汚い人をどう思いますか?

人生を楽しんでいないなと思います。 お肌は全てを象徴していると思います。その人の口から腸までを見ているようです。お肌を見たらその人の食生活がわかるような気がします。油ものばかり食べてるのかな、スナック菓子ばかり食べてるのかな。ちゃんとお料理してないのかな。肉食?野菜食べないの?と。その人の子供にアトピーや喘息気味などがあると、申し訳ないけど、やっぱりなと思ってしまいます。美白は自分の努力次第だと思います。

肌が黒い人に対しては何も感じません。 何が何でも美白せねばいけないとは思いません。 人それぞれ、もともとの肌の色というものがありますし、あまりに素肌とかけ離れて顔を美白してしまうと、かえってその人の魅力を損ねることにもなると思います。 白くなくとも、美しい肌というものはありますし、それはそれでいいと思います。 肌が明らかに汚い人に関しては、もっと肌をかまってあげたらいいのにな、とか、生活が乱れているのかな、などといろいろ考えてしまいます。 今は女性もみな忙しく働いていますし、スキンケアの時間がなくても不思議はないのですが、肌が汚い人を見るとつい、生活に余裕がなさそうだな、などと余計なことを考えてしまいます。

肌が黒いことは特に気になりません。肌が黒くてもすてきな人はたくさんいると思います。美白だけが美肌だとは思いません。 ただ、汚いのは問題だと思います。人の目にふれるところが汚いというのは、社会人としてどうなのでしょうか。 日焼けをしてしまいがちだとか、ケアしているけれどニキビができやすい、とかでしたら仕方ないと思いますが、 きちんと洗うこともしないで大きなニキビを作っているような人は、部屋も片付いていないんだろうなと思ってしまいますね。

若い頃ならば『健康的』『痩せて見える』など肯定的にみえるかもしれませんが、やはり日焼けの先にはシミという問題が待ち構えているので、女性としては避けた方がいいのではと思います。年齢を重ねて日焼けをしていると、品がなく見えますし、美白を気にしないという点で美容や外見に興味のない人という印象を受けてしまいます。また、年齢をある程度重ねると美白しない=肌のダメージも大きい場合が多く、年齢よりも老けて見える気がするので、自分はそうなりたくないなと思います。

もともと肌の黒い方はお気の毒だと思います。ただ、美白効果が出るお手入れをせずに、肌が汚いまま気づかないで過ごしているのはとてももったいないことだと思います。肌が黒くても、くすみが取れれば明るい肌色になりますし、肌に自信が持てれば表情も明るくなると思います。キレイな洋服を着ていても、高いブランド品を身につけていても、残念な感じになってしまうのはもったいないことだと思うので、あきらめずに、自分に合った方法を見つけて欲しいです。


これはやりすぎだろ...っていう美白スキンケアを教えてください。

近所の人の話ですが、何を目指しているのかわからないのですが、全く化粧をしない人なんですが、とにかく紫外線を怖がっていて、常に大きな帽子にマスク、手袋という方がいます。洗濯物を干す時もベランダでその格好です。でも化粧はしないんです。お肌に良くないからという理由らしいです。 全く理解できませんが、彼女なりに美白を目指しているのだろうと思います。スキンケアには少しお金はかけているらしいですが、どこか間違っていると感じるのは私だけではないはずです。

紫外線が少しでも強まる季節になると、避けるために日中全く戸外に出ないとか、全身を覆って外出される方がいますが、あれはさすがにやりすぎだと思います。 テレビを見ていても、紫外線がスキンケアの大敵、と言わんばかりに盛んに紫外線の害を吹聴していますが、全く日光に当たらない生活も健康に支障をきたすのではと思います。 君島十和子さんは、紫外線を避けるために外出中は物陰ばかり移動していると聞きましたが、そこまでして美白にこだわりたいものだろうか?と思います。 また美白のために紫外線の強い季節は腕を覆い、マスクをつけ、サングラスまでつけている方もよく見ますが、美白はできてもかえってストレスが溜まりそうだなと思ってみています。

スキンケアと呼ぶのかは不明ですが、家からほとんど出ない人がいます。 引きこもりと同じです。 そうしている人は、紫外線にはあたっていないのに、肌がカサカサとしています。生命力みたいなものが足りないように思います。 常に日傘やサングラス、手袋をすることは、もとが色白の自分にとってはあたりまえのこと。そうしないと痛くてたまりません。なのでやりすぎとは思いませんね。 色白は色白でいろいろ大変なので、美白といってもらえると報われるような気はしますね。

美白は女性ならばほとんどの人が行った事のある事なので、ある程度のスキンケアは理解できます。ただ、基礎化粧品などの目には見えないスキンケアと異なり、日よけのために真っ黒な帽子・サングラス・黒い手袋をしている人を見かけると、真夏だと見ているこちらが暑苦しいですし、ヤリ過ぎ感が否めません。また、近頃は紫外線の強さからか、髪用の日焼け止め(カラーリングの変色を抑えるためとか)、小学生にまで熱心に日焼け止めを塗っている親などを見ると、ほどほどで良いのではと思います。

皆様のご協力、ご参加を心からお願い申し上げます。
  敬具